らくだより 3月号

さくらの開花日が気になる頃!

寒さの厳しい冬でしたが、春の柔らかい日差しが部屋のなかまて届くようになりました。楽多舎の周りの木々も待ち兼ねたように芽吹きの準備が進んでいるようです。

ここの庭に桜の大木があったのですが、覚えておられますか? 私たちの手だけでは持ち堪えられず切ってしまいましたが今持ってしても心残りです。

満開の桜を撮った写真をボードに貼っておきます。

ご覧いただければうれしいです。

らくだより3月号PDF