らくだより  12月号

『クリスマス特別メニュー』は24日です。

少し華やいだ気分をテーブルに。そしてメニューやホール飾り付けにも工夫して……   感謝の気持ちをこめて準備しております。

らくだより12月号

 

お願い

12月は友人、家族、グループの集まり等の利用機会が多い時期です。

グループでご利用頂く時は予約を入れて下さいね!

 

4人以上のグループは事前に予約を

    ご理解とご協力お願いします  

いつも楽多舎をご利用、又応援を頂きましてありがとうございます。

今般   ランチタイムに4人以上のグループで利用される時は、前日までに電話予約をお願いすることにさせて頂きます。

実はこれまで、当日何人かのグループとして、ご一緒に来て頂きましたのに、お断りする事があったり、準備に手間取ってご迷惑をかけたりする事があり、申し訳なく思っておりました。

私たちは日々の業務では20食を上限に決めております。スペースや私たち全体の力量を考え、その上本来の『ほっとできる居場所』としての機能も同時に確保していくことも大事にしております。

メンバーにとっても、この場所があることで、利用者さんや仲間と接する時間から元気をもらって活動できる事で、大事な自身の居場所になっております。

事前に予約を入れていただくことで、食数もお取り置きできますし、私たちも段取よく準備できることでたいへん有り難い事です。

ゆっくりといい時間を過ごして頂きたいと願っています。

予約申し込みは事務所まで。電話  3990ー6386

(お一人の時でも時間がズレるなどの場合も事前に連絡ください)

 

 

てみさんの “昔っこがたり”

  • 津軽弁のもつ暖かさを感じながら……

そろそろ津軽は雪の季節。

『てみの昔っこ』公演は今年で3回目です。

語り部のてみさんは子どもの頃から『ばっちゃの昔っこ』を聞いて育ち、その後保母の仕事をしながら、ライフワークとして語り部の活動を続けておられます。

津軽弁のもつ響き、語り部てみさんの温かさ、そして毎回工夫を加えたプログラムは楽しいトーク、手遊び、歌も入り楽しい時間です。

子どもさんも一緒に楽しんで下さい。

 

日 時      11月27日 (水)        14:00 ~       15:30

語り部      對馬 てみさん (青森在住)

資料代       300円

*練馬ではふろしきでも公演します。(11月29日)

*プログラムとポスター

1回目 男の料理教室から

先ずは 基本の『き』から

おにぎりと味噌汁を作ってみました。

ご飯を炊く準備、だしを取り、身近にある食材を使っての味噌汁作り。

この組み合わせ、いつ食べてもおいしいです。

*この教室は今のところ不定期開催です。興味のある方は是非申し出て下さい。

世界に目を向けて➡️アフリカの支援活動を通して

はじめの一歩として  先ず今を知ること

 

練馬で育ち、今は夫と二人の子どもと一緒に住んでおられる『練馬が大好き』と言う小島さんを囲んで、アフリカが抱える問題のひとつ《エイズ》。

そのエイズによって親を失った《エイズ孤児》についてやさしく、わかりやすくお話しをしていただきます。

 

日 時       11月2日(土曜日)          14:30 〜16:00

会      場       楽多舎

会 費       500円  (資料代 + 体験材料

*     申し込みは楽多舎まで    電話  3990ー6386

* 詳しくは添付のポスターをご覧下さい。

 

12日(土曜日)は台風のため休業します。

猛烈な大型台風19号が関東地方にも大きな影響を与えるコースを通過するとの予報です。

*10月12日(土)は休業します。

* 11日(金)は通常通り営業しております。

本日予定しております、いつまでも自宅で元気に過ごす   《転倒予防》は

午後2時10分から一志先生 のお話です。

十分な備えをして、万全を図り大きな被害が出ないように願っています。

いつまでも自宅で元気に過ごす♪
転倒予防

10月の115○の会は、大泉生協病院の一志 毅先生を講師にお迎えして

自宅で元気に過ごすための転倒予防についてお話を伺います

 

日時  10月11日(金曜日)

14:10~15:30(14:00開場)

定員   25名

参加費  無料

申し込み     楽多舎まで

(要予約)03-3990-6386

日ごろ疑問に思っていることなど、質問コーナーを設けていますので、お尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らくだより10月号

らくだより10月号 (pdf)

爽やかないい季節になりました。

体を動かしたり、店先に並ぶ秋の味覚、厳しい暑さで暫く横に置いていた事をそろそろ引っ張り出したり、ちょっと足を  延ばして小さな旅も…等 盛りだくさんの思いが駆け巡ります。

楽多舎の献立も秋を感じ旬をむかえる食材を使ってと思っています。